土佐の高知のすえひろ屋

土佐の高知のすえひろ屋。グルメを毎月お届けする頒布会

旬のグルメ頒布会2月

すえひろ屋が厳選した旬のグルメを詰め合わせて毎月お届けする「頒布会」

ご希望の月の商品をお買い上げいただいておくと、毎月20日頃にお届けさせていただきます。

もちろん1ヶ月だけのご注文もOK。とびとびの月など、自由なパターンでご注文OK。

  • 土佐市岡田さんのEM文旦(2Lサイズ2玉)
  • いの町・花昌農園さんのEM文旦(1玉)
  • 土佐市戸波(へわ)産土佐文旦(2Lサイズ1玉)
  • すえひろ屋特製はいからケーキ文旦(1個)
  • すえひろ屋特製こんにゃく寿司(6個)
  • 高知産釣りうるめ(5本)
  • 大月町産イカ一夜干し(2枚)

毎月グルメをお届けします

高知は「かんきつ王国」やけんど、冠に「土佐」と付くのは土佐文旦だけながよ。

秋のハウス文旦に続いて、露地ものが出回り始めるのは1月ごろから。

文旦は収穫してから1ヶ月ほど、ムロの中で追熟させてからの出荷となります。

その文旦は果樹園によって、作り手によって味が違うがよ。

すえひろおんちゃんが尊敬してやまない岡田さんのEM文旦、花昌さんのEM文旦、土佐市の文旦農家のものなど、食べ比べて楽しんでみてや。

すえひろおばちゃん力作、はいから文旦ケーキも食べてみてちょうだい。

土佐市岡田さんのEM文旦(2Lサイズ2玉)

土佐文旦

土佐文旦は、2月初旬から3月中旬頃が旬の高知県の特産品で、土佐の春の味覚になります。

文旦には3種類あり、9月~11中旬が旬の水晶文旦。11月中旬から12月末が旬のハウス文旦。そしてこの露地栽培の土佐文旦です。

それぞれの文旦は特徴があり、人それぞれ好みが違ってきます。

  • 爽やかな酸味と絶妙な甘みのバランスが魅力の水晶文旦
  • 極上の甘みと酸味のバランスが絶妙なハウス文旦
  • 文旦の最後を飾るのが露地栽培の土佐文旦

文旦の通信販売

実を言いますと、この露地栽培の土佐文旦は12月から1月の中頃までに収穫が終わります。

そこから園地の室の中でじっくり追熟させます。

追熟させることにより、酸味が甘みに変わり土佐文旦独特の上品な甘みと酸味が味わえるのです。

文旦の魅力

おいしい文旦の通販

文旦の魅力は何と言ってもその独特な風味にあります。

一口食べると口いっぱいに広がる爽やかな香りと甘み。

ジュ-シ-な果汁は体全体を潤してくれます。

またプリプリの果肉から溢れ出すジュ-シ-で爽やかな香りは、部屋中を満たしてくれます。

岡田さんの文旦の特徴とは?

文旦の通販

岡田さんの文旦の一番の特徴は、EMを使って栽培しているところです。

EMとは?参照サイト

岡田さんは結構高齢にも関わらず、除草剤を使わずに自分の手で下草を刈り取ります。

農薬の使用も慣行栽培の半分以下に抑えて栽培しています。

岡田さんの文旦の山は土佐市にあります。

美味しい果実の産地で真面目に文旦栽培に取り組んでいる岡田さんの文旦をぜひ味わって下さい。

今年の出来を尋ねると「今年は雨が多うて心配したけんど、味は去年と変わらずおいしい文旦が出来たよ!」と話しておられました。

岡田さんの文旦をぜひ味わって下さい。

食べ方

オススメの食べ方

文旦を手軽にむけるムッキーちゃん

それはやっぱり苦労して厚い皮をむいた後に食べるのが一番美味しい!!

なんてことはありませんが、そのまま文旦の爽やかな風味を味わっていただくのがおすすめです。

皮の厚い文旦をむく時にとっても便利なのが、「ムッキーちゃん」です。

文旦の皮がすぐにむけて、果肉もたっぷりと食べることができます。

ムッキーちゃんを使うとこんなに簡単!

文旦のむき方1

文旦のむき方2

文旦のむき方3

文旦のむき方4

文旦を食べるのは大好きなんだけど、皮をむくのが面倒くさいのよねーという方にピッタリなアイテムです。

手をあまり汚すことがなく、簡単に皮がむけます。硬い外皮も楽々カットでき、房の薄皮もワンタッチでむけます。

水晶文旦から始まり、ハウス文旦、露地文旦まで長期間使えます。

文旦に限らず、みかん、はっさく、甘夏などにもご使用いただけます。

仕入のこだわり

仲卸さんや問屋さんを通さず、岡田さんの農園から直接仕入れています。

産地直送の文旦をすぐにお届けできるのが、この文旦の魅力です。

発送へのこだわり

発送する前には、つい先程仕入れたばかりの商品であっても必ず箱空けて、中身を一個ずつチェックを行います。

腐りや傷み、また変色がないかを当店スタッフが検品し、もし腐りや傷みがあった場合は、同じ種類の別の箱から補充しています。

箱を一度空けた形跡がありますが、中身のチェックによるためのものですのでご安心ください。

文旦の食べ方を知らない方にも美味しく食べていただけるよう、食べ方を説明したチラシを一緒に同封しております。

いの町・花昌農園さんのEM文旦(1玉)

文旦の通販

花昌農園さんの文旦の山は、清流仁淀川の流れるいの町(旧吾北村)にあります。

日当たりの良い山の斜面一面が文旦の山になっています。

清流仁淀川から流れる風と南国土佐の太陽をタップリ浴びています。

また栽培にはEMを使って栽培をしています。

EMとは?参照サイト

どうしたら美味しくなるかをいつもいつも考えて、研究に余念のないのが花昌農園さんなのです。

仕入のこだわり

文旦の通信販売

仲卸さんや問屋さんを通さず、花昌農園さんから直接仕入れています。

産地直送の文旦をすぐにお届けできるのが、この文旦の魅力です。

土佐市戸波(へわ)産土佐文旦(2Lサイズ1玉)

文旦の生産地

文旦を産地直送で通信販売しています

美味しい文旦が主に栽培されているのが、南国土佐の果物処土佐市。

太平洋の潮風と南国の太陽をたくさん浴びることのできる土佐市は、美味しい果実を栽培するには最適な場所なのです。

すえひろ屋特製はいからケーキ文旦(1個)

はいからケーキおいしい
蒸しパン美味しい
はいからケーキがスーパーで買いたいフード30選に選出されました

すえひろおばちゃんのはいからケーキとは?

絶品はいからケーキ

はいからケーキは、おばあちゃんが作ってくれた、昔なつかしい、幼い頃のおやつの思い出を再現した、でっかい蒸しケーキ・蒸しパンです。

直径約14センチ、大人の手のひら程のサイズ。

画像では伝わりにくい、大きなパッケージにきっと驚かれるはずです。

ボリューム感もあり、ほんのり甘く素朴な味は、意外とクセになる味で、あっという間に食べてしまいます。

おやつにも食事にもなり、色々なシーンにマッチします。

蒸しパンの歴史

蒸しパンの伝来

日本に饅頭が伝来したのは、室町時代とされています。

一般的に中国では餡を詰めた蒸しパンを包子、中身なしを饅頭(マントウ)と呼びます。

しかし、日本に伝わった後は、中身入りながら「饅頭」と呼び習わされるようになりました。

安土桃山時代には南蛮人によって、西洋式のパンの作り方が伝えられました。

パンが食べられなくなる

江戸時代に入ると鎖国政策やキリスト教の禁止などでパン製造はすたれ、長崎の出島で暮らすオランダ人のために細々と作られるのみとなりました。

この頃の日本人がパンを食べた記録は残っていません。

当時の日本人の口には、パン独特の酵母菌による発酵臭が合わなかったことや、聖体としてキリスト教の儀式と密着していたパンは、キリスト教を厭う世相から製造が忌避されたといわれています。

江戸時代中期に出版された料理献立の中に、パンの作り方を載せていたものがありますが、生地の発酵に甘酒を使った物でした。

蒸しパンの誕生

鎖国が解かれた後の明治時代にパンの製法が確立され、饅頭に近いパンは一掃さました。

一方、膨張剤となる重曹の入手が手軽になり、これを使って発酵の手間を省き、日本に古くからある調理器「蒸篭」にかけて作ることが出来る蒸しパンは、子供のおやつや米にかわる代用食としても食されるようになりました。

大正時代の米騒動の頃に玄米パンと呼ばれる玄米の蒸しパンが誕生しました。

見た目は餡を抜いた饅頭のようなもので、あまり美味しいとはいえず、当時の不景気を象徴するものでした。

また、玄米パンを自転車で商売していた地域も大正~昭和一桁台(一部では昭和20年代)の頃にかけて存在していました。

蒸しパンの普及

第二次世界大戦後はGHQの支給された小麦粉を使用し、ベーキングパウダーと混ぜて捏ねたものを電熱器または文化鍋で調理し、代用食にしたり、砂糖が貴重だったため、さつま芋や栗を混ぜておやつとしても食されていました。

昭和30年代には、ロバ(実際には木曽馬を使用)に荷台を引かせて販売したロバのパン屋が一世を風靡しました。

1970年代以降に普及したスーパーマーケットや、1980年代以降に普及したコンビニエンスストアでは、商品の回転の速さに対応できるため、日持ちのしない蒸しパンも載せられるようになり、大手製パン業者も蒸しパンを製造販売するようになったのです。

すえひろ屋のこだわり

  1. 四国で育てられた新鮮な卵をたっぷりと使っています。
  2. 1つ1つ丁寧に手作業で蒸し上げていますので、フワフワの食感を味わうことができます。また、表面はパリっとしており、中の食感との違いが、食べる楽しみになります。
  3. 一つ一つ丁寧に手作業で袋詰めしています。大事な所は機械に頼らず、人間の目で確認をしています。

すえひろ屋特製こんにゃく寿司(6個)

ネタへのこだわり

こんにゃく

蒟蒻寿司

嶺北産のこんにゃく芋を使用し、田舎ならではの手作りの丸こんにゃくを使用してます。

丸こんにゃくは、角こんにゃくと比べこんにゃく芋の味が濃く、ブニブニとした食感で、味がしみこみやすいのが特徴。

昔ながらの灰汁を使って、ひとつひとつていねいに作ります。

一晩かけてあく抜きしたものを、すえひろ屋のオリジナルレシピで味付けし、昔ながらの味を再現してます。

“寿司飯”のこだわり

お米

寿司飯にこだわっています

嶺北(れいほく)は寒暖の差が激しく、四国の水がめ「早明浦ダム」に代表されるように、豊富な水にも恵まれ、おいしいお米がとれる「米どころ」として有名です。

そんな地元の安心・安全なお米を食べて頂きたいという思いから、嶺北の契約農家が作る減農薬のお米「ヒノヒカリ」を100%使用しています。

ヒノヒカリは南海102号とも言われ、コシヒカリと黄金晴の交配によって生まれたお米で、高知県の気候にあい、嶺北の自然と共生して育てられた品種です。

全体的に丸みをもった粒は厚みがあり、もっちりとした粘りや甘みが特徴の、冷めてもおいしいお米です。

すえひろ屋オリジナルの合せ酢に、嶺北の柚子酢を混ぜ、柚子の香りの効いた爽やかな風味のすし酢を使っています

30年来伝わる、すえひろ屋オリジナルの合せ酢に、嶺北の柚子酢を混ぜ、柚子の香りの効いた爽やかな風味のすし酢を使っています。

合せ酢は、塩加減を抑えた甘めの関西風タイプのお酢です。

高知県の柚子生産量は、全国の約40%を占め、中でも寒暖の差が激しい嶺北は、香り高い柚子が取れる産地として有名です。

かくし味

当店の寿司飯がおいしいわけ

ごまを香り、しょうがを薬味として混ぜています。

山椒は、たけのことよく合うことから、たけのこの上にのせるのではなく、香りと味のアクセントをつけるため、きざんで寿司飯に混ぜています。

高知産釣りうるめ(5本)

ウルメ

ウルメとは鰯(イワシ)の仲間。

目が大きく、脂瞼に覆われて「潤んでいる」ように見えるため、ウルメと呼ばれています。

成魚は全長30cmに達することもあり、体は前後に細長く、断面は背中側がやや膨らんだ卵型をしています。

イワシは鰯と書くとおり非常にキズに弱く、なかなか取り扱いが難しい魚です。

旬は11月~3月頃です。

この「釣りうるめ」は1本1本釣ってますので、魚の体にキズがなく鮮度がいいのでおいしいのです。

そんなウルメをぜひ食べてみてください。

軽く炙ってお召し上がり下さい。

日本酒の肴にすると絶品です。

ウルメ

大月町産イカ一夜干し(2枚)

高知では「一夜干し」と書いて、「ひいといぼし」と読みます。

毎月グルメをお届けします

お客様の声

もっと見る

すえひろ屋が責任を持ってお届けいたします

ご購入はこちら!

頒布会のご注意

  • 冷蔵

旬のグルメ頒布会2月【土佐市岡田さんのEM文旦、いの町・花昌農園さんのEM文旦、土佐市戸波産土佐文旦、すえひろ屋特製はいからケーキ文旦、すえひろ屋特製こんにゃく寿司、高知産釣りうるめ、大月町産イカ一夜干し】

価格: ¥3,600 (税込 ¥3,888)
[ポイント還元 38ポイント~]
販売期間: 2014年04月01日00時00分~
2015年02月15日17時59分
数量: セット
在庫: ×

返品についての詳細はこちら

twitter

頒布会のご注意

通常は1万円以上のお買い上げで送料無料となりますが、頒布会は対象外です。必ず1セットごとに送料がかかります。

カートシステムの関係で送料計算が無料となった場合でも、送料を含んだ金額を計算して後日メールにて送信、ご請求させていただきますのでご了承下さいませ。

旬のグルメ頒布会2月【土佐市岡田さんのEM文旦(2Lサイズ2玉)、いの町・花昌農園さんのEM文旦(1玉)、土佐市戸波(へわ)産土佐文旦(2Lサイズ1玉)、すえひろ屋特製はいからケーキ文旦(1個)、すえひろ屋特製こんにゃく寿司(6個)、高知産釣りうるめ(5本)、大月町産イカ一夜干し(2枚)】

関連商品

【定期購入】うまいもん頒布会【通常セット】

¥3,600(税込 ¥3,888)

数量: セット

【定期購入】うまいもん頒布会【プラスセット】

¥5,600(税込 ¥6,048)

数量: セット

【定期購入】土佐の酒と肴の頒布会【お酒】

¥3,000(税込 ¥3,240)

数量: セット

【定期購入】野菜の頒布会【野菜】

¥2,000(税込 ¥2,160)

数量: セット

【定期購入】肉の頒布会【おてごろせっと】

¥4,980(税込 ¥5,378)

数量: セット

【定期購入】肉の頒布会【ごまんえつせっと】

¥9,800(税込 ¥10,584)

数量: セット

高知の野菜せっとトレトレ10点盛

¥2,200(税込 ¥2,376)

数量: セット

厚焼き玉子巻

¥570(税込 ¥616)

数量:

土佐の山菜すぺしゃるせっと

¥2,780(税込 ¥3,002)

数量: セット

海山の田舎寿司せっと

¥2,800(税込 ¥3,024)

数量: セット

田舎巻寿司

¥500(税込 ¥540)

数量:

田舎寿司のご試食せっと

¥1,580(税込 ¥1,706)

数量: セット

田舎寿司せっと

¥1,300(税込 ¥1,404)

数量: セット

筍寿司

¥800(税込 ¥864)

数量: セット

あゆ姿寿司

¥980(税込 ¥1,058)

数量:

あめご姿寿司

¥1,300(税込 ¥1,404)

在庫 ×

筍の姿寿司

¥1,200(税込 ¥1,296)

数量:

清水サバ姿寿司<皮あり>

¥1,800(税込 ¥1,944)

数量:

お山のごちそうセット

¥3,000(税込 ¥3,240)

在庫 ×

塩麹漬焼き清水サバ寿司

¥1,200(税込 ¥1,296)

数量:

焼きサバ寿司

¥800(税込 ¥864)

数量:

りゅうきゅう押し寿司

¥800(税込 ¥864)

数量:

【送料無料】土佐の焼肉せっと!〈竹〉【土佐あかうし赤身400g、はちきん地鶏モモ200g(3~4人前)】

¥4,980(税込 ¥5,378)

在庫 ×

土佐のすき焼まるごとせっと

¥5,800(税込 ¥6,264)

数量: セット

土佐あかうし しゃぶしゃぶ肉

¥5,500(税込 ¥5,940)

数量: セット

土佐あかうしすき焼肉<特上>

¥10,800(税込 ¥11,664)

数量: セット

土佐あかうしサーロインステーキ【約250g×2枚】

¥8,000(税込 ¥8,640)

数量: セット

土佐あかうし切り落とし【約1kg(200gを5P)】

¥6,250(税込 ¥6,750)

在庫 ×

土佐あかうし+はちきん鶏のしゃぶしゃぶ肉

¥4,571(税込 ¥4,937)

数量: セット

土佐ジローすき焼せっと

¥3,800(税込 ¥4,104)

数量: セット

四万十鶏すき焼きせっと

¥2,980(税込 ¥3,218)

数量: セット

トロ鰹&鰹タタキせっと

¥3,800(税込 ¥4,104)

数量: セット

鰹のタタキ三昧ぜよ<2節せっと>

¥3,800(税込 ¥4,104)

数量: セット

土佐のびんび干物せっと 一豊せっと

¥4,500(税込 ¥4,860)

数量: セット

いろんなお餅のせっと

¥1,500(税込 ¥1,620)

数量: セット

四万十うなぎせっと<3尾>

¥8,800(税込 ¥9,504)

数量: セット

手作りようかん(ニッケイ)

¥580(税込 ¥626)

数量:

おばちゃんのはいからケーキ【はちみつ】

¥298(税込 ¥322)

数量:

すえひろ屋のぼうしぱん1個(チョコチップ入)

¥150(税込 ¥162)

数量:

お客様の声

たくさんのお客様の声を
いただいています。
こちらからご確認いただけます。

マスコミ掲載履歴

今まで「すえひろ屋」が受けた
マスコミからの取材です。

メールマガジン

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら


QRコード

携帯ページからもお気軽にご注文ください。

ページトップへ